MAGIC WORLD - MAGIC STYLE
MAGICWORLDメニュー
TOTAL
Today
Yesterday
..
HOME > MAGIC STYLE > 馴致とは



仔犬を人間と暮らすために関わっていく多くのものへ馴らしていくことを馴致と言います。人間にとって素晴らしいパートナーへ犬を変化させるために一番大切な部分で、しかも一番手間のかかる難しい部分です。馴致が成功すれば犬育ての8割方は成功したといってもよいと思います。


昔の日本の犬の飼育方法だったら難しいことはなかったかもしれません。犬たちは縛られることなく自由気ままに自分の家を認識し飼い主を認識しテリトリー内で自分なりの生活をすることができていたからです。


しかし現在は犬は飼われている家庭内から一歩外へ出ればリード等で拘束しておくことが条件とされ、自由気ままに歩くこともできません。仔犬は親犬に十分教育されて育ったものではなくなり、ごく幼い時期に隔離され自分が犬であるのか人であるのかの区別もつかないまま十分な犬としての基本的な学習もつかずに飼い主のもとへやってくるようになってしまいました。


飼い主の側も多くの情報の氾濫と飼育マニュアル化の波に翻弄され、工夫することなく書いてある物どおりに行動すれば犬は教育できるのだと錯覚するようになってしまったのではないかと思います。


..


馴致は本来自然体で行われるもので、こうしなければならないというものではなく飼い主の手元に来た犬が慣れていけないものを克服させるために飼い主がこの犬の場合は苦手なものがこれならば、こうしたらいいかなと工夫しながら伝えていくものです。


つまり馴致にはハウツーはないのです。犬種による特性に違いがあるので教えることは違うでしょうし個体によっても違いは大きいです。たとえばゴールデンのように人が大好きな犬種であっても人が苦手の子もいます。吠えないと言われているバセンジーでも吠えたてる子もいます。


馴致に必要な飼い主の感性は犬種の特性であることを越えるところにあると思います。個体認識を第一と考えて犬種特性は後から考えたほうがうまく行きます。


音に鋭敏な反応を起こす犬はほかの犬よりも音を拾う範囲が広いでしょう。匂いを嗅ぎたがる犬は普通の犬よりも多くのにおいを判別できるかもしれません。つまりそのまま発展させてしまえば問題行動につながる部分を逆の発想に変えて個性と見ればその能力を開花させることができるかもしれません。犬が起こす行動をすべて良くない行動ととらえずによいものへ変化させられるチャンスを見つけたと解釈できる余裕をもって人と共に生活していく中に支障が出ないように犬に理解できる様に反応を見ながら多くのものに良いタイミングで接触させ馴らしてあげましょう。
..
MAGIC WORLD | シェルティー子犬情報 | MAGIC STYLE | シェルティーワールド | 犬の勉強部屋 | 犬の病気と予防 | 犬の老後と介護
..
MAGICファミリー | ドッグスポーツ | 我家の犬たち | 虹の橋 | BOOKS | SHOP | HOME
Copyright © 1999-endress by MAGIC (Sheltie MAGIC). All rights reserved.
このHPの写真、内容、絵、素材などは無断転載、無断使用はお断りしています。必要な場合は必ずメールか掲示板にてご連絡ください。
予告なくページの内容が変わることがあります。尚このサイトには、独断と偏見によって書かれている部分も多々ありますがご了承のうえご覧ください。