MAGIC WORLD - MAGIC STYLE
MAGICWORLDメニュー
TOTAL
Today
Yesterday
..
HOME > MAGIC STYLE > 犬の心



犬の心理ってどんなものだろうと疑問に思うことはありませんか?こういう時どう考えているんだろうとかなんで自分の言うことを聞かないんだろうとか思うように行かないとか思いませんか?犬は人間と同じ哺乳類です。また人間と類似した社会性を持つ動物です。もし相手が犬ではなく人間だったらどう対処するかと考えると結構うまくことが運びます。

愛犬が何を考えているのかわからなくなってしまった人はちょっとで良いので振り返ってみてもらえないでしょうか?


..


  • 初めて行った場所には緊張したり、不安になったり、そんな事、あなたもありませんか?
  • 毎日毎日小言ばかり言われたら、聞く耳がなくならないでしょうか?
  • あなたの気持ちがわからない人を好きになれますか?
  • 怖そうに見える人が近づいてきたり、突然大勢の人に囲まれたら緊張して固まってしまったり、話せなくなってしまったり、逃げ出してしまうことはありませんか?
  • 毎日のお手入れも痛みや苦痛が伴ったらやって欲しいとは思わないでしょう?
  • 爪切りも血が出るほど切ったらあなたは痛みを感じないのですか?
  • けんかを売られて対戦したのは良いけれど負ければ悔しいし、似たような感じの人には近づきたくなくなりませんか?会うたびにイチャモンをつけられていたら、『ナンだよお前!』と言い返したくはなりませんか?
  • 大きな音をさせながらいきなり現れて家の様子を伺うそぶりがあった上にまた爆音を立てながら立ち去る人を不審だとは思いませんか?
  • おなかがペコペコなのに、目の前に大好きなものを出されてまだ食べちゃだめよといわれたら、どんな気持ちになりますか?
  • おしっこややウンチをしたくても、汚いトイレだと入りたくなくなりませんか?
  • 時間が来るまでトイレを我慢しなければならなかったら体を悪くしませんか?
  • 家の中にずっと閉じ込められ、何もやることもなく毎日を過ごしていたらストレスだらけになりませんか?
  • 大好きな人に裏切られたら二度と信じないぞとおもいませんか?
  • 愛してる人がほかの人にやさしくしてたら悔しくはありませんか?
  • あなたが好きになった人はどんな人ですか?


..


犬たちは私たち人間と同じ表現方法ができないことが多くあります。でも痛みを感じたり、悲しくなったりうれしくなったり楽しくなったり寂しくなったりする感情は人間とほぼ類似しています。深爪をされた犬は長い間痛みを伴わないように爪切りをしてあげても、爪きりを見るたびに体が震え緊張し、やられないように手を引っ込めたり暴れたりします。
痛かったからですよね。爪切りという道具が自分の体に痛みを与えたと知っているからです。そしてそれは本当に長い間忘れるものではないのです。


仲間が死ねば人と同じように沈み込み食欲が落ち、症状がひどければ体に変調をきたし亡くなってしまう例もあります。子犬が亡くなり、母犬と同じケージの中にずっとその子をいれたままの実験を行った人がいます。その母犬は、何も食べなくなり、死んでしまいました。残酷な実験です。決して病気で死んだのではありません。子犬が死んでしまったことのストレスによるものという結論が出ています。


犬にはまだ研究しつくされていない多くの謎の部分があります。でも一番犬のことがわかるのはきっと一緒に暮らしているあなた自身でしょう。愛犬が今どんなことを考えているのか、どんな風にして欲しいのか、どうすれば良い方向に導いてやれるのかは、毎日その子を観察し、気持ちをつかんだ人にしかできないことです。


飼い主が描く理想に近づかないのはどこか、何かがきっと合っていないからです。犬は人と同じで1頭1頭個性があり、犬種が同じでもみな違うのです。だから、マニュアルの本に頼って大きな一まとめで考えて犬に試したらうまく行かないことは多いのが当たり前です。一つの犬種でさえ独立したマニュアルはないに等しいのに多くの犬種のことで書かれたマニュアルに頼ったらうまくいくのでしょうか?
人の都合で、この子はこう考えているはずとか、こういってるのねという思い込みも良くありません。カーミングシグナル一つとっても、まだ解明されていないものの方がずっと多いのです。

だから、飼い主が犬に対して行う行為が間違っていれば、あなたの思うとおりに犬は育たないので結果は出るからわかるはずです。


犬は人の言葉が話せないけれど、実に多くの言葉らしきもの(吠え声やボディーランゲージ)でコミニュケーションを取ろうと努力してくれます。ほんの少し、飼い主の観察力と、優しい心遣いがあったら、犬たちは15年ほどの生涯を幸せに暮らせるでしょう。そしてそれはその犬と暮らすあなた自身に最高の幸せをもたらすのです。


簡単なしつけをするときも、訓練でもアジリティーでもフリスビーでもドッグショーでも、犬に上手く自分の意思を伝えられないのはなぜなのか解らなくなったときに、犬の立場になって考え直してみてください。自分と同じに感じるのだと思えたらきっと良い形に繋がり犬は笑顔で答えてくれるはずです。


犬に何かを伝えると言う事は押し付けることでもなく無理やりやらせることではないと気がつくはずでしょう。
愛犬の心の中を、マニュアル通りの心理学に頼って見るのではなく、ちょっとだけ貴方だったらと置き換えて
彼らの心の中を覗いてあげてください。


※このページの内容は犬に人と暮らすマナーを教えずに好きなように暮らさせて良いと推奨して書かれた物ではありません。あくまでも犬に物事を伝えるときに思い出してほしいことを書いてあります。
..
MAGIC WORLD | シェルティー子犬情報 | MAGIC STYLE | シェルティーワールド | 犬の勉強部屋 | 犬の病気と予防 | 犬の老後と介護
..
MAGICファミリー | ドッグスポーツ | 我家の犬たち | 虹の橋 | BOOKS | SHOP | HOME
Copyright © 1999-endress by MAGIC (Sheltie MAGIC). All rights reserved.
このHPの写真、内容、絵、素材などは無断転載、無断使用はお断りしています。必要な場合は必ずメールか掲示板にてご連絡ください。
予告なくページの内容が変わることがあります。尚このサイトには、独断と偏見によって書かれている部分も多々ありますがご了承のうえご覧ください。