Home > 2月, 2017

2017.02.21

チャージ、3か月になりました。

Share on Facebook

毎日飽きることなく楽しんでいるチャージに久々の試練の日がやってきました。そう、2回目の予防注射とできればマイクロチップ装着です。

ブラシするにも耳セットするにも一悶着あったので、はてさて注射とチップ装着を分けるべきか同時にするべきか悩んだ末に、当日の様子で決めることにして獣医さんまでお出かけです。
毎日のパパの送り迎え乗車が功を奏したか、良い感じでドライブ敢行。駐車場もすんなりと入れていざ先生の前へ!

怖がる気配があるかと思いきや、借りてきた猫のように神妙になるチャージ。体温をはかられてもうんともすんとも言わないのでこちらがビックリ(苦笑)こういうタイプの予想通り、キャンとも言わずに注射が終了。

完全に病院の雰囲気に飲まれてるよねぇ~と苦笑しながらも、大暴れするわけでもないのでチップの装着を決断。先生が抱っこしてくれたら急に気が付いたのかもがきだした。大丈夫よ~と猫なで声で慰めてくれるけどだんだんヤバい顔になってきたし、ここで病院が怖いと思わせたくないので「たぶん抱かないほうがこの子の解釈にはいいと思う」と言って診察台に座らせて私自身で保定してチップを入れてもらった。

流石に痛かったらしくて「キャン」と一声鳴いたけど、その後は私に抱かれ、顔を舐めまくって心の安定を保てたらしい。心臓も酷くドキドキし続けることもなく、うちの子と同じ感じでホッとした。

なにせ、自分の家で産まれた子犬ではない子育てはずいぶんと久しぶりだから、かなり丁寧に扱っているかもしれない。それが良い形で表れてくれないと困るしねぇ・・・(^^ゞ

今日は注射打ったんだからおとなしくしていなさいよ~とハリネズミのおもちゃを与えると嬉しそうに戦利品として持って歩いてみんなに見せびらかしていた。大人たちは今日は構うなと言われている分もあってか、気温も上がり日向ぼっこにいそしんでいたので、チャージは一人遊びを堪能し、ゆっくりとお昼寝ができた一日となった。

さて今週末には散歩デビューだわ、どうなるかなぁ~楽しみだ!(*^_^*)

そうそう、2月20日で3か月突入。お迎えした時に1.8キロだったけど本日の体重は3.0キロになっていました。毎日いっぱい食べてるからねぇ~!

 2月20日

 2月10日

 1月29日

大きくなったね(*^_^*)

Share on Facebook

2017.02.12

抱っこ散歩開始

Share on Facebook

   

 

ちょっと寒いけれど、チャージのために抱っこ散歩。車が通る道はちょっと怖い。そりゃ仕方がないよねぇ~(*^_^*)でも抱っこしてるから大丈夫だね。

ママがポケモン捕まえる時も良い子にしてるね。どんなことからも守ってあげる、だいじょうぶ!

Share on Facebook

2017.02.02

新しいメンバー「チャージ」。

Share on Facebook

ひょんなことから新しい子犬が我が家にやってきた。運命の子犬だ。

 

仔犬を産ませた人とは昨年マリンとキャンディーの誕生日に初めてコンタクトを貰った事で始まった。彼女の繁殖の基礎犬がキャンディーとマリンの子供たち、シーマとジャスの子からだった。
別ラインで繋がっていたことに驚きと感謝が交錯したのを覚えている。
私は人のブログやHPをあまりよく読みに行くほうではないけれど、彼女のサイトはずっと前から気になっていた。

この子誰の子だろう?このタイプの子好きなんだよな、こんな子がうちにいたらいいな…。積もり積もった疑問を投げかけると自分が惹かれた理由がはっきりとしていく。

ずいぶん長い年月が立ってしまったけど、出会えて良かった。もっと早く会えてたら何かが変わったかもしれないけれど、それはこれからでも遅くない。

そんな彼女の大事な子が亡くなった。我が家のダッシュのような彼女にとって大きな存在の子だった。お悔やみを言おうにも言葉が見つからない。今もダッシュがいない現実に苦しみが残る私たち夫婦と同じ感覚だろうと思うほど、FBのコメント欄にも何も書けず終いだった。途方に暮れ何も手につかない、ただ機械的に日々の事をこなしていく…そこに手のかかる子犬がいることで少しは気が紛れているのだろうかと想像していた。あの子はどこに行くんだろうな、おうちに残すのかなぁ、それなら会えるチャンスもあるかなと思う仔犬は2か月を過ぎても彼女の傍にいた。亡くなった子にもよく似た子だった。きっと残すんだろうなぁ…そんなことを考えていた。

産まれてすぐに写真を見せてもらってからずっと目が離せない子だった。真黒けでちょっと小ぶりで、白が少なくて、キャンディーとマリンの血を引いてる子。まめに写真や動画を見せてくれるからその成長ぶりも良く見えて、やんちゃくれの面白そうな子だった。この子を飼う人はきっと楽しいだろうなぁと飼い主になる人を羨ましく思ってみたり…。

そんなある日、それもまたキャンディーとマリンの誕生日の事、彼女から思いもかけない提案が…。

昨年、ある先輩からも良いお話が浮上したけど、返事が遅かったせいで駄目になったことがあり、それは大きな後悔が有ったので、今回は即答。きっとキャンディーとマリンからの贈り物だって思う仔犬はうちの子になった。

名前がなかなか決まらなくて、家族が「かっぱちゃん」と呼びだしたのでパパが提案した「チャージ」に決めた。この数年愛犬たちが亡くなる年になってずっと浮いたり沈んだりのみんなの心のに元気をいっぱい充電できる子だって言う事で決まった名前だ。

名前通り、チャージは来た日から我が家のすべての人間に笑顔をもたらしてくれる。いつかどこかで有ったよねと言いたくなるほど、キャンキャンとにぎやかで、くるくると動き回り、抱かれたままよく眠り、先住犬たちに臆せず、あっという間に溶け込んだ。後ろ姿がキャンディーにそっくりで真黒な足の先にちょこっと白が有って、あぁこの感じ、見たことあるんだよなと心が温かくなる。

チャージが来てからも悲しい知らせが次々舞い込み沈みがちな気分になるが、彼がいることで元気に暮らせる気がしている。今はまだ寒いけれど、チャージがお外に出てぶっ飛ぶ頃には桜も咲いて良い季節となるだろう。それまでは狭い庭だけどここでいろんなことを覚えようね。ヘリコプターの音やオートバイの音や宅配便のトラック、見えない子供たちの嬌声、高校生の話声、庭にはいろんな音が満載だ。つけられた名前を覚え、呼ばれたらどこにいてもちゃんと私の前に来る、待てと言ったらその場で止まる、だいぶできるようになったね。おトイレもまぁまぁ順調。夜は私と一緒に眠る、パパはちょっと悔しそうだけど、もう一段自分で上がれるようになったら一緒に寝ればいいよ。

マリンが大好きなチャージ、いつも絡んで遊んでもらっているね。君が大きくなった時、私たち家族はまた同じ風景を見れるだろう。君たちが産まれてくるずっとずっとずっと前、性別こそ違えど、言葉には尽くせないほど愛したあの二人の姿の再現を楽しみにしている。

チャージを私たち家族に託してくださってありがとうございました。大事に大事にお利口な子に育てますね。活発で利発で私達にはもったいないような良い犬です。仔犬と格闘しながら暮らせる喜びをありがとう、いつか胸を張って見せに行ける子にしたいと思います。これからの十数年、長いお付き合いになりますがよろしくお願いします。チャージ日記を書かないといけませんね(*^_^*)

MAGICfamilyの皆さんもこれからどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

Share on Facebook