インディが天使になりました。

Facebook にシェア

2007年3月16日にファンタとギャランセリアさんのルディ君との間に産まれた6頭全員男の子兄弟の三男坊インディ君が20日午後3時37分に天国に召されましたとのメールをいただきました。
昨年夏ごろから嘔吐が始まり大量に水を飲み痩せていったこと、暑い夏なのに体が震えていたこと、小さいころから炊いた白いご飯が好きだったのにそれも食べなくなった事・・・。病気に気が付いた始まりから、病院での点滴治療・・・。

インディを迎えた当時の話や、彼にどれほど助けられたかの感謝の文には、遠い場所に嫁がせて密なコンタクトが取れなかった不安を恥ずかしく思いました。

前愛犬トミー君を亡くし失望の中、インディは嫁いでいきました。その時のご夫婦の喜びようは忘れられません。。。トミー君がいなくなって心の中が真っ暗だったのに、インディの存在があることで太陽が昇ってきたのです…。

数年後妹のジェシーが嫁ぎ、幸せな毎日を過ごしていましたが、彼をとても可愛がっていたお父さんが突然天国に行ってしまいました。連れ合いが亡くなるということがどれほどのショックであるか、私自身がまだ経験していないので多くは語れません。しかし想像することはできます…。

人生には山あり谷ありというけれど、犬を迎え入れた時からその犬が天に召されるまでの10数年の間に何事も無く穏やかに過ぎていくこともあれば、ジェットコースターのように良い事も悪い事も起きることがあります。。。お渡しした犬を産ませたものであるだけの関係で、できることはありません。したくても何もできないと言ったほうが正しいのかもしれません。

何もできない私と違い、家族の心の支えになったインディを誇らしく思います。インディがいたから頑張れたという言葉にはジーンとくるものがあって、インディが彼女の傍にいて正解だったのだと当時に悩んでいて切りださなかったことをホッとしています。

頂いたメールにはインディがどれほど可愛いのか、それが我が家のファンタの息子であり、彼女にそっくりな子であったことをとても喜んでいることが覗えます。前マリンを亡くした後、誰よりもファンタが好きだった私にはインディのママからのお褒めの言葉がとても嬉しかったです。

スポーツドッグとしてではなく普通の家庭犬として暮らしたけど幸せでした・・・という文章が目に留まった時、性能が高い子ですよとお話ししたのがずっとプレッシャーだったのかなと少しだけ反省しました。

不思議なもので、昨日午後にメールをいただく前の日、20日にインディの兄弟のポチャ君がお泊りに来ていました。彼のこともあって新サイトの更新作業の為、2007年生まれの子犬のページを何回となく眺めていたばかりです。ポチャはインディの兄弟だったんだね~と息子と話したばかりでした。虫の知らせという奴でしょうか…。こういう事はインディだけではなく、嫁がせた犬たちが亡くなる中で時たまおこることです。。。飼い主さんへの返信にポチャがお泊りに来ていること、2007年生まれの子犬のページを見直していたところだった旨を伝えました。きっと可笑しな返信を読んで、律儀なインディだからと笑っておられるのではないかと思います。

今頃はもう天国にたどり着いて、ファンタに甘えていることだろうと思います。11歳という年齢は少し短い感じもしますが、年月の長さよりもその時間の濃密さが犬にとって大事です。充分してあげてくださったと心より感謝申し上げます。
だから・・・インディをずっと愛し続けてくれてありがとう、ファンタを忘れないでくれてありがとう、遠いけれどまたいつかお会いしましょう。インディのご冥福をお祈り申し上げます。

インディ、病気と闘うのは大変だったでしょうけど、大好きなママがいたから頑張れたんだよね。偉かったね、インディ!

Facebook にシェア

モバイルフレンドリーになった?

Facebook にシェア

新しいホームページは着々と進行中。6月にはすべて移動させないとダブルでプロバイダー料金払わなきゃいけないので真剣。トップページくらいチャチャッと出来上がる予定がこれまたいろいろできることが解ったり、何をどうしたら思うようになるかちんぷんかんぷんになったりしてるので、あと少しかかりそう。とりあえずトップサイトとパピーサイトだけはOPEN予定。もちろん随時更新しながらですが。。。

全てのページを完璧に移動してからのOPENはまず無理なのでシェルティーワールドとかは少しづつ開く予定です。

このブログも別ブログに移動する予定なんだけど、このまま放置するわけにもいかず、wordpressのテーマであってもモバイルフレンドリーにならないのもたくさんあるなかやっと行き着いたので試しに変えてみた。

まだヘッド画像とか入れていないのでスッキリした感じだけど、とりあえずです。

仔犬も良い感じに育っていて超可愛い!まだ、女の子たちと、トライの男の子の飼い主様募集中デス。。。
3月はマジ忙しい…。確定申告終わると孫の誕生日、車検は来るし、お墓参りもあるし、いつもの日常にプラスαが辛いお年頃になりました(苦笑)

Facebook にシェア

父、ICU入院、事の顛末。。。

Facebook にシェア

昨日、父が緊急入院したと母から電話が入った。話を聞いてもなんだかよく解らず、耳に残ったのは「延命治療はしないでいいと言った」「脳じゃないらしい」くらいなもの…。

とにかく取るものも取りあえず車を飛ばす。実家まで約一時間の道のりが凄く長く感じた。

病院はかかりつけ医なので実家の目の前だ。とにかく先に病院へと思ってICUの前に立って深呼吸した。中に入るとまたドアがある。マスクをして恐る恐る入ってみるとそこにはご飯にぱくついている父の姿…。

はぁ~???なんだこれは?倒れたんじゃないの?延命治療しないでくれって何の話だ?

怒りに似た感情が走りつつ、傍にいる母と弟の嫁さんに、元気じゃん!と声を掛けつつ大丈夫なの?と聞くと父が「俺、明日退院なんだよ」ってか・・・。
普段食が細いのに、パクパク食べているのを横目で見ながらずいぶんよく食べれるね~というと、食べれないと退院させてもらえないから頑張ってるんだ!という。

よくよく話を聞いてみると、検査したけど何もないし、点滴したら元気になっちゃったから80過ぎてるし動けなくなるとまずいのですぐに退院なんだそうだ。
検査で何も出ないって何?

MRI撮ってCT撮って何もない。病院に来てからも吐きが止まらず、目が回るという訴えでメニエールかも知れないなぁって言う感じ。
なんで頭だって話になったのかというと、朝方母が起きてくるとリビングで倒れていたのだそうだ。倒れていたというか寝ていたというのが正しいのかもしれない。起こすと変な夢を見ていたといい、どこも怪我をしていないのでデイサービスに出かけたらしい。
つまり、倒れたであろう時に頭を打っていたのではないかって言う話が病院に伝わって検査と相成ったわけだ。

いやいや、実際はデイサービスに行って、将棋を指して、さて風呂に入るかと入れてもらいそろそろ出ようというときに意識を失って大騒ぎになった事は伝わっていない様子。

後で実家に来てくれたデイサービスの助けてくれた人の話に寄れば、顔色が悪いからそろそろ出ましょうと話しかけるうちに急に肌の色が青白く黄色っぽくなってぐったりしたので、慌てて脈を取ったら脈が振れないので思いっきりゆすって叫んだが失禁しててもう駄目だと思ったという。
マジヤバいと思ったそうで、太ももをバンバン叩いて名前を呼んだら意識を取り戻したのでそのまま病院へ連れてきたのだそうだ。

それってさ…ヒートショックで心臓じゃないの!一時的な心筋梗塞とか・・・。

良くあるじゃん、お風呂入って急激に血圧下がって、そのままって言う話…。それだそ、それ!なんでそこ言わないかな…。

心臓なら吐き気が伴うのも解るし、血圧が下がっていれば目も回る…。血管切れたとか詰まっただと症状的に違うと思うのよね…。

母は母で、話は聞いたのだろうけど、自分が見たことの方を病院へ伝えてしまったからややこしくなったというか、訳が分からない話になったんじゃないかと推測。デイサービスの人も風呂に入れる前にちゃんと血圧測って問題なかったんですけど…と言っているけど、そこ問題じゃないのね。暖かい部屋で衣服を脱いでも風呂に入ったら血圧はある程度下がるから…たまたま起きたのだろうけど、人がいて良かった。いなかったら終わりだっただろうから…。

とはいえ父は退院するぞと息巻くほど回復してるし、まぁエライことにならずに済んで良かったと思うしかない。

そんなわけで一日潰れ、行くまでにかかった大きなストレスのせいでぐったりです。お騒がせな家族で済みません…。(-_-;)

ヒートショックには気を付けましょう…。

Facebook にシェア