2017.05.21

納豆麹のその後…。

Share on Facebook

頑張って使ってみたけど、結果から言えばうちの場合は駄目でした。何位日継続すると効果が出るのかわからないので微妙ですが…。付いた物は気長に取ることにします(^^ゞ

何せ匂いが酷い…。最初の一晩目でお水解禁。

みんな納豆臭くなっちゃって、夜にお水飲んじゃ駄目って、納豆が駄目なのか麹が駄目なのか一部の老犬は体調崩すし。。。

結局、歯にはうまく塗れないので食べさせて、挙句はお水OKですから、指示されたとおりにできないため検証結果には至らずでした。

結構サボってたから、気持ちよくペロンと取れてほしかったなぁ~…。(>_<)

Share on Facebook

2017.05.16

歯石がペロンと取れるって本当?

Share on Facebook

FBで納豆と麹を混ぜたものを歯石の着いたところに塗っておくと(日にちは解らないけど)ペロンと剥がれるという記事を読んで早速チャレンジしてみることにした。

納豆はひき割が良いそうだ。麹は生麹が無いので乾燥してあるものを戻して使用。一晩寝かせたら使えるというのでやっと昨夜塗ってみた。結構納豆臭い。食べるとほんのり甘い感じ。ねちょねちょ~。

でもね、思いのほかベトベトしちゃって塗れないのよ。歯ブラシでは全くダメダメで、指だとヌメヌメしかつかない。結局ご飯食べた後に指で掬い取っては塗ることに格闘するも、入れると同時に舐めて食べちゃうの繰り返しに塗りつける自体を断念。(T_T)

で・・・残りは皆さんにスプーンで一口づつ食べさせちゃった。

明日下痢にならないといいんだけどね、ほとんどの子は大丈夫なはず。

こんな状況なのでペロンと剥がれるまで何日続くか見当もつきません。剥がれなくても正しく塗っていないからって言われそう…。でもまだ一日目、とりあえず体にはいい食材なので続けてみますわ。

まずは第一回チャレンジ報告でした(*^_^*)

Share on Facebook

2017.05.09

たったひと月で・・・。

Share on Facebook

人心地付いたなと思えるくらい元気になっていたのに、昨夜はやっとできなかったことをやって、安心して抱いて眠れたのに、ヒヨちゃんは天使になってしまった…。

なんかおかしいと気がついて、先生に相談したら助からないと言われてちょうどひと月だった。一日ごとに繰り返す死への恐怖の時間。今日はもう駄目だと思うと復活する。病院の先生にも不思議がられたひと月だった。

まだ目も開かない時、命の火が消えそうなその時は、もう頑張らなくてもいいよと言い聞かせた時もあった。最初から無理な話…4か月くらいまで育たなければ手の打ちようがないと知ったのは1週間たったころだった。

みんながどんどん大きくなって行ってもヒヨちゃんは大きくなれなかった。みんなが目が開いてもヒヨちゃんの目は固く閉じたままで、いつしか目やにが出るようになった。お湯で湿らせた脱脂綿でそっと拭いていくうちに、ある日突然ぱっちりと目が開いた。片手のひらにすっぽり収まる小ささで可愛くて可愛くて、少し元気な時にはじゃれてくるようになって、この子を生きさせるためにできることは何でもしようと思った。

まだ手のひらに乗るほどの350グラムのヒヨちゃんは、おっぱいを一杯飲んで姉妹たちとちょっとだけ一緒に遊んで、私の掌の中で一緒に一晩眠り、今日の朝になって具合が悪くなった。この前も復活できたのだから、もう遊んだりもできるようになったのだから、きっとまた元気になると思っていたのに何をやっても全て効果はないままになった。小さな体でトコトコ歩けていたのに、歩くのが大変になって行った。。。

今回は駄目なのか?いやヒヨちゃんは絶対頑張れる、だって毎日毎日そうやって過ごしたひと月だったのだから…。夜ヒヨちゃんを抱いて寝るとき、明日の朝には冷たくなっているんじゃないだろうかと思いながら、朝になるとおはようとばかりにじゃれかかってくることにホッとしていたのに…。

夕方、パパをお迎えに行くために車で外に出てすぐにヒヨちゃんは息子に看取られて天使になった。そんなに早く逝くと思っていなかったから知らせを聞いて言葉も出なかった。涙だけ流れ落ちて行った。

可愛くて可愛くて、まるでジェニーが生まれ変わってきたのかと思うくらい可愛かった。。。ヒヨちゃん、助けてあげられなくてごめんね、未熟なママを許してね。でも産まれて来てくれてありがとう。ほんの少しの時間だったけどママにはとっても幸せな時間が有ったよ。天国に着いたら神様にいっぱい美味しいミルク貰うんだよ。そして大きくなって美人さんに育って、いつかまた生まれ変わらせてもらっておいで。その時は丈夫な体を貰っておいで。何時までも待っているからね。ゆっくりお休みヒヨちゃん…。

Share on Facebook

2017.05.07

色々ありましたが…。

Share on Facebook

気が付けばマオの出産後ひと月になってしまいました。このひと月、色々ありました。ずっと寝不足だったので色んなことに手が回りませんでした。仔犬のページさえ作れないありさま…。待っていてくださる方に産まれましたよの連絡をするのが精いっぱいで気が付けばゴールデンウィークも終わります。次の交配も何とか順調に終わりました。

心配事は、まだまだ気が抜けないけれどようやく人心地付いてきたのでやっとページをアップしました。もうじき子犬の内覧会の時期が来ます。頑張らねば!

 

Share on Facebook

2017.04.05

今週・来週

Share on Facebook

やっと仔犬の顔が見れそうです。今週末あたりから来週初めにかけてと、来週末あたりからさ来週初めにかけてお産になります。
長~い間ずっと待っていてくださった飼い主候補の方に良い知らせが送れたらいいなぁ~…。希望通りの色や柄・性別・タイプの子が産まれて来てくれることを祈るのみです。

お産に備えてそろそろ子犬部屋の準備を始めなくてはならないけど今日あたり暖かいしいいお天気なので一気にやってしまおうかと思います。手始めにオークションで中古のお布団を仕入れ、汚されても気にならないように徹夜の準備もしなくては(苦笑)何せ寄る年波で、床に座り込むにも布団でもなくてはお尻が痛くなっちゃうし、膝と足首は長時間同じ形のままだと痛くなってしまいすぐに立ち上がれなくなってしまうので、考え付いたのが綿の布団を敷くことです。

これがなかなか良い仕事するんです。でも今までに持っていた布団はほぼほぼ利用不可状態になってしまったため、ちょうど良い値段で落札しホッとしています。

仔犬たちと気兼ねなく一緒に寝られるのが何より。仕舞い込んだ綿毛布やら、バスタオルたちも準備せねばね・・・・。

なんか、凄く長い間子犬の顔を見ていないのでワクワクと同時にドキドキ感もあり、初心に帰って無事にお産を完了できるよう頑張るぞ!(^^)v

チャージは弱冠5か月でお兄ちゃん、ちゃんと見本になれるかしらね???

Share on Facebook

2017.03.09

春が来る・・・。

Share on Facebook

昨年からまったく仔犬の出産が止まってしまった我が家にようやく春がやってきそうだ。
3月21日予定のベガは明らかな兆候が無く、1頭受胎していればよいかなと思うけど、昨年最後のお願いのマオはやたらとプラスとラブラブで、自然交配したので様子を見ていたら受胎している模様だ。レディーもつわりが始まっているので数日すれば兆候が表れるだろう。今回プラスは快調で、受胎しない筈は無い(^^)v

気長に待っていてくれたオーナー候補の方たちに良い知らせが出来たら嬉しいなと思う。来月になれば昨年の不受胎組が一気にヒート花盛りになるだろう。・・・ってことは今年は夏のキャンプ行けるだろうか?ま、いつものことだけど…。

ゴールデンウィークあたりはシェルティーの子犬がワラワラと庭を走り回る光景が見れそうだ。トライ・ブルー・セーブル、もしかしたらバイもいたら全色総揃い。楽しみだなぁ~(*^_^*)

Share on Facebook

2017.02.21

チャージ、3か月になりました。

Share on Facebook

毎日飽きることなく楽しんでいるチャージに久々の試練の日がやってきました。そう、2回目の予防注射とできればマイクロチップ装着です。

ブラシするにも耳セットするにも一悶着あったので、はてさて注射とチップ装着を分けるべきか同時にするべきか悩んだ末に、当日の様子で決めることにして獣医さんまでお出かけです。
毎日のパパの送り迎え乗車が功を奏したか、良い感じでドライブ敢行。駐車場もすんなりと入れていざ先生の前へ!

怖がる気配があるかと思いきや、借りてきた猫のように神妙になるチャージ。体温をはかられてもうんともすんとも言わないのでこちらがビックリ(苦笑)こういうタイプの予想通り、キャンとも言わずに注射が終了。

完全に病院の雰囲気に飲まれてるよねぇ~と苦笑しながらも、大暴れするわけでもないのでチップの装着を決断。先生が抱っこしてくれたら急に気が付いたのかもがきだした。大丈夫よ~と猫なで声で慰めてくれるけどだんだんヤバい顔になってきたし、ここで病院が怖いと思わせたくないので「たぶん抱かないほうがこの子の解釈にはいいと思う」と言って診察台に座らせて私自身で保定してチップを入れてもらった。

流石に痛かったらしくて「キャン」と一声鳴いたけど、その後は私に抱かれ、顔を舐めまくって心の安定を保てたらしい。心臓も酷くドキドキし続けることもなく、うちの子と同じ感じでホッとした。

なにせ、自分の家で産まれた子犬ではない子育てはずいぶんと久しぶりだから、かなり丁寧に扱っているかもしれない。それが良い形で表れてくれないと困るしねぇ・・・(^^ゞ

今日は注射打ったんだからおとなしくしていなさいよ~とハリネズミのおもちゃを与えると嬉しそうに戦利品として持って歩いてみんなに見せびらかしていた。大人たちは今日は構うなと言われている分もあってか、気温も上がり日向ぼっこにいそしんでいたので、チャージは一人遊びを堪能し、ゆっくりとお昼寝ができた一日となった。

さて今週末には散歩デビューだわ、どうなるかなぁ~楽しみだ!(*^_^*)

そうそう、2月20日で3か月突入。お迎えした時に1.8キロだったけど本日の体重は3.0キロになっていました。毎日いっぱい食べてるからねぇ~!

 2月20日

 2月10日

 1月29日

大きくなったね(*^_^*)

Share on Facebook

2017.02.12

抱っこ散歩開始

Share on Facebook

   

 

ちょっと寒いけれど、チャージのために抱っこ散歩。車が通る道はちょっと怖い。そりゃ仕方がないよねぇ~(*^_^*)でも抱っこしてるから大丈夫だね。

ママがポケモン捕まえる時も良い子にしてるね。どんなことからも守ってあげる、だいじょうぶ!

Share on Facebook

2017.01.20

ココアが天使になりました…。

Share on Facebook

1月15日、昨年から闘病生活をがんばっていたココア(アイスとルー君の娘)が天使になりました。
母のアイスが逝ってまだ半年、クッキーママご夫妻の悲しみの深さはどれほどのものでしょうか。。。ダッシュ達が逝って4年たった今年でもまだまだ逢いたくて、傍にいない事が悲しくて、涙する日があるのですから…。どんなに沢山の犬たちが今そこにいても、どの子も代わりにはならない、おなじにはなるはずも無く・・・。

年が明けるたびに、12月1月・2月と続けて天使になった子たちの命日が続くので、気持ちは沈みがちになる時期ですが急激に寒くなる日が続くこの時期、病気を持つ子や年老いた子が体調を崩し、訃報も多くなりがち。。。人の力ではどうにもならないことも…。

ココアはアイスの子として2004年9月5日に7頭兄弟姉妹で産まれ、母のアイスと共に嫁いだ子です。2.3歳までは何かと良く会いましたがその後は躾等も上手になった飼い主さんの元でアイスとクッキーと共に幸せに暮らさせてもらいました。やんちゃっ子のクッキーとは違い、アイスに似て手がかからず、お利口さんな子でした。

7頭の兄弟姉妹たちも少しづつ天使になる子が現れ始め、ココアが逝ってしまった事できららとドルチェだけになってしまいました。我が家にはアイスの子が残らなかったのでマリンから始まったアイス系の血がここで途絶えてしまいます。今になってみれば、何とか繋げておきたかったなぁという思いが強く残るラインでした。みんな手のかからないお利口な子たちばかりで、家庭犬として立派に育ててもらえた仔ばかりで…。

いろんな思い出がぐるぐると頭の中をよぎります。手作りのサークルを忍者のように飛び越えては部屋の中で闊歩していた子犬達でした。兄弟姉妹も会う機会が多く、オフ会やドッグセミナーなど良く集まりました。当時は毎年我が家で新年会をやっていたし、訓練も勉強しに来ていたので飼い主さん同士もみんな仲良しで…。

初代マリンに最後のお願いで産ませたアイス、一度は死にかけて、とても心配だった。大柄だったけれど中身は一番マリンに似ていたアイス、そのアイスがたった一度産んでくれた7頭の子供たち。それぞれの運命に導かれ、赤い糸が繋がった飼い主さんの元に嫁いだ子供たち。ココアもそのうちの一人…。

自分の記憶の中には、大きくなった彼らよりも子犬の時のちびっこのあの子たちのほうが印象が強いままです。名前を呼ぶと小首をかしげるあの仕草、お迎えが来るころのワラワラとした忙殺される日々の事が走馬灯のように流れます。7頭の元気いっぱいの子犬の育成は大変なだけに記憶も鮮明なのでしょうか…。

何事もなくだんだんと年をとり、耳が聞こえなくなって、目も良く見えなくなって、一杯ご飯を食べているのにだんだん痩せてきて、筋力が衰えはじめ、あぁ年を取ってしまったんだねと思いながら、それでも傍にいる幸せを感じながらいつかは来る別れに言い知れない不安を持つように時がたつことばかりではなく、まだこんなに若いのに、なぜこの子がそんな病気になってしまうのかと神様を恨みたくなるようなことが起きることもあり…。

犬との人生は当たり前のように15歳・16歳という年齢まで一緒に居られることばかりではなく…。

1頭の犬が一人の人間に与えてくれるものの大きさは、計り知れないモノです。ココアの闘病の様子を聞きながら、今までの思い出話をしながら、飼い主さんが「いっぱい教えてもらいました、いっぱい宿題も出されました。犬と暮らし始めて15年、ココアが逝ってしまって、犬のいない生活が始まることがどんなものになるのかわからないけれどがんばります」と言ってくれて、あの子たちが残したものの大きさを感じられたような気がしました。

自分は犬を飼ったことで大きく人生が変わりました。犬が犬であること、それを踏まえたうえで犬が犬ではなくなることを知る事が出来た人がいることを、私が産ませた犬たちと共に関わって来れたことをクッキーに、アイスに、ココアに感謝しています。

3頭もの犬たちを長い間変わらぬ愛情で包み、しっかりと躾をして育て、多くの人にかわいがられる子に育ててくれてありがとうございました。彼女たちを知る人が「こういう犬なら飼ってもいいなぁ」と言ってくれていることを誇りに思います。

またいつか、悲しみが癒えた時、我が家の犬たちと縁が繋がったらうれしいです。今は心安らかに彼らの冥福を祈ります。15年間ありがとうございました。

ココア、もう天国に着いたかな。ママのアイスも大好きなクッキーも、シュガーもツーカもニコちゃんもカガリちゃんもそっちにいたでしょう?君が大好きなサンダーもいるからみんなで爆走しているかな?こっちの世界とは違ってきっとどこまでもどこまでも走り続けられる広い場所に居るんだろうね。大きな虹の橋のたもとで待っているんだろうか、それともまた神様に役目を貰って帰って来るのかな。いつ帰ってきても待っているよ。みんなにも伝えておいてね。

産まれてきて来てくれてありがとう、君たちと出会えて幸せだったよ、ずっとずっとまた逢いたいって思っているんだよ、ココアのパパもママも、私もずっとそう思っているよ…。

 

Share on Facebook

2017.01.06

2017年あけましておめでとうございます。

Share on Facebook

新しい年が明けました。ブログのテーマはSB日記のころからずっと前からお世話になっていた小粋空間さんのテーマを見つけたので新しく利用させてもらうことにしました。なんか居心地がいいんです、慣れてるからかなぁ…。ちょっとづつカスタマイズしていこうと思います(^^)v

このままの勢いでHPも頑張るぞ!

さて、新年早々個人的な事ですがスゴ~く嬉しい事が有ってちょっと気分がハイになっています(^^)v なんかしみじみ良かったなぁと思ってホッとした感じです。
忘れようと思っていても何かあるごとに思い出して心配だったことだったので、幸先良い感じだなと思うわけで…。

また夏以降子犬の誕生が全くなかった我が家ですが、ようやくヒートになった子がいて楽しみが出来ました。この時期だし、体調は万全なので可愛い子の顔が見れることを期待しているところです。

また最長老のダックス・アスカさまは6月には17歳を迎える予定です。シェルティの最長老は4月で13歳のモリーちゃんです。何とか無事にお誕生日を迎えられるよう神様へのお願はこれが一番最初でした。すべての愛犬たち・人間の家族たちが健康で元気に過ごせるようにお願いする、小さいようでとっても大変なお願を沢山沢山しました。

皆様の2017年が輝かしい素晴らしい年になりますよう、今年もよろしくお願いします!

Share on Facebook

Next »