MAGIC WORLD - MAGIC STYLE
MAGICWORLDメニュー
TOTAL
Today
Yesterday
..
HOME > MAGIC STYLE > 繁殖する人へ



シェルティーを繁殖する上で知って置くべきことや、注意しなければならないことは数多くあります。一度や二度仔犬を産ませて人に渡したからといってブリーダーとは言えません。。。それはただ単に繁殖したこと(犬に子供を産まさせた事がある)があるというだけです。シェルティーという犬種のことを把握し、理想の犬が自分の中にあり、それを求めてさまざまな研究をし勉強をし経験をつみ繁殖に望み子犬の行く末の責任を持つ人がブリーダーではないかと思うのです。


中でも経験というものはとても重要なものだと思います。犬の繁殖はやりようによってはとても簡単なことです。繁殖に使われる犬がどんな暮らしをするかは持っている人で決まります・・・ブリーダーでなくても、シェルティーを繁殖する人はいるでしょう。生まれた子犬は幸せになるために、また人を幸せにするために生まれてきます。仔犬の行く末まで責任を持てるなら、犬の赤ちゃんの誕生は人生の中で何よりすばらしい経験になるはずです。でも・・・赤ちゃんが見たいからとか一頭だけ残したいからと安易な繁殖はするべきではありません。


犬はたくさん赤ちゃんを産みます。買い手が見つからなくても普通の愛犬家が繁殖して業者等に渡すのは喜ばしいことではありません。愛犬が命をかけて生んだ子が、知らないところで放置されていたり、虐待されていたり、保健所等で処分されたら悲しいでしょう?そんなことにならなくても子犬の行った先さえまったくわからなくなるのですから・・・行き先がわからないと言う事は、自分の産ませた子が後々思いもかけない状況にさらされている事が発覚することもあります。自分はしようと思わなかった無責任な繁殖に使われていることだってあるのです。


わたしは愛犬家の人たちにそうした未来を持つ犬を産ませてほしくないと考えています。
こうしてページを開いて意見を述べることくらいでしょう。10年以上もこれを続けているのはひとえに大好きな犬達の幸せを願っての事です。自分の犬たちにしてあげられること以外でできることは、意見を述べることで愛犬を繁殖しようと考えている人たちにこういう自体も考えられるのですよと知って欲しいからです。思いとどまる人もいるでしょうし、繁殖する人もいるでしょう。繁殖がいけないと言ってるのではないことをわかって欲しいと思います。


責任を持って生涯育てていけるひとを見つけるのはなかなか難しいことです。貰い手が見つからなかったら全部自分で飼う事ができるくらいでいて欲しいと願っています。シェルティーもダックスも数頭生まれるのが標準ですが中には8頭とか10頭とか生まれてくることもあります。中には先天的に問題を抱えて生まれてくる子犬だって絶対にいないとはいえません。沢山勉強しいろんなことを考慮して繁殖に望んでもです。障害を抱えた仔犬がたくさん生まれてしまった時、全部育てていけるのでしょうか?貴方が飼えない育てられない子犬は、誰も飼うことはないし育ててくれることはありません。産まれた仔犬の中で欲しい子だけ残して他はどこのだれが連れて行っても平気でいるのなら業者と同じです。そしてお産では可愛がっている母親が死んでしまうこともあるのです。。。俗説として子犬を産ませたほうが体のために良いとか病気になりにくいとか思う人も多いようです。そんなことは決してありません。赤ちゃんを産んだほうがずっと体に負担があります。

犬の繁殖に携わるなら犬のことをちゃんと正しく勉強しましょう。
決して赤ちゃんを産ませることは犬のために良いことばかりではありません。
そして、いろんな状況を良く考えた上で繁殖に携わって欲しいと思います。



..
MAGIC WORLD | シェルティー子犬情報 | MAGIC STYLE | シェルティーワールド | 犬の勉強部屋 | 犬の病気と予防 | 犬の老後と介護
..
MAGICファミリー | ドッグスポーツ | 我家の犬たち | 虹の橋 | BOOKS | SHOP | HOME
Copyright © 1999-endress by MAGIC (Sheltie MAGIC). All rights reserved.
このHPの写真、内容、絵、素材などは無断転載、無断使用はお断りしています。必要な場合は必ずメールか掲示板にてご連絡ください。
予告なくページの内容が変わることがあります。尚このサイトには、独断と偏見によって書かれている部分も多々ありますがご了承のうえご覧ください。