MAGIC WORLD - PUPPY
MAGICWORLDメニュー
..
カウンター
TOTAL
Today
Yesterday
..
HOME > PUPPYトップ > 仔犬の譲渡について





私がお譲りする子犬たちは必ず室内で人と共に暮らさせていける方のみに限定させていただいています。


我家の仔犬たちは生まれたときから人間や同居犬と密に接触して育てられています。お渡しする頃には室内で人と一緒に生活するようになっています。ベッドで一緒に寝られるようになっている子もいます。ですから長い時間ケージやサークルの中に隔離したりする育て方には適応していません。室内飼いと言ってもテーブルの足にリードで拘束してあったり、狭い空間(サークルやケージの中のみ)に隔離していることを私は室内飼いとは言いません。あなたと共に寝起きをし自由に人と同じように暮らさせてもらうことを言っています。


例えば1階に子犬だけを置いて寝かせ人間はすべて2階にいるというような状況下では我が家の仔犬には大きなストレスが係り寂しくて大泣きしたりする可能性もあるという事で、この場合の解消方法は仔犬に我慢をさせるという方法ではありません。人間のそばにおいてやってくださいと私はお願いするのです。お渡しできる頃の仔犬はまだ赤ちゃんですから粗相がまったくないわけではありません。勿論おトイレのしつけ、悪戯行為等もできうる限り学習させてからお渡ししていますので場合によってはまったく問題なく我家にいるときと同じように移行できる子もいますが、多くの仔犬にとって未知の場所での新しい生活では再度学習させなければならない手間と時間がかかります。


我家の仔犬をお求めになりたい方には仔犬が室内で人間と一緒に暮らして行く為に学ばなければならないルールを教えきれる間の時間(仔犬の性質や性格、教える人の技量によって異なりますが)を取れる方のみとさせていただいています。勿論最大限協力できる所はいたしますが最初からPerfectに完成した仔犬はおりませんことをご理解ください。また、共働きで時間的制限がある場合や一人住まいの場合にはまずお問い合わせください。子犬を育てるにあたって良い環境が整えられるのか条件等を踏まえて聞いてくださるとうれしいです。


初めて犬を飼われる方、先住犬がいる方など飼い主さんになる方の環境は様々ですので条件によって飼い主さんがとれる時間が変るものも多々あります。先ずはこういう場合はどうだろうかという疑問がありましたらご質問いただければ対応させていただきます。


輸送については原則、しておりません。自宅まで仔犬を御迎えに来ていただける方にさせていただいています。私は子犬の飼い主さんになっていただく方とはできるだけ親しくお付き合いさせていただきたいと願っています。仔犬の両親や兄弟姉妹、血のつながった成犬たちを是非見ていただきたいですし、何より飼い主さんと直接お会いしたいと願っています。又我家の犬たちとの接触の仕方など実際に室内で見ていただくことが大事だと考えています。ですから遠方の場合でも基本的には御迎えに来ていただきます。どうしても難しい場合にはよい方法を探してみますのでご相談ください。


また、ご近所から苦情を言われないようにしっかりしつけて暮らして行くための協力はご希望があればいくらでもお手伝いさせていただきます。しかし当方のほうから定期的にお伺いを立てるわけではありませんので疑問質問等ございましたらいつでも飼い主様のほうからご連絡いただくようお願いしております。電話、メール、掲示板にて連絡いただければ幸いですし我家までお越しいただいてもかまいません。今までにお渡ししてきた仔犬全てにアフターをしている関係上こちらからの定期的なコンタクトは非常に難しくなっておりますのでご了承ください。


可愛いだけの時期はすぐに過ぎてしまいます。半年もすれば成犬と変わらない大きさになるのが犬です。
ですが犬は大きくなってもヒトの三歳児と代わらない程度にしか成長しません。このことをよくご理解いただきしつけや訓練に役立て幸せなDOGLifeを送っていただきたいと願っています。


あなたの大事な愛犬は、普通の犬でテレビに出てくるような名犬にはならないことがほとんどです。
名犬にするためにはそれなりの努力が必要です
盲導犬に使われる犬種でも大人になればなるのではありません。
警察犬も麻薬捜査犬も介助犬も聴導犬も然りです。


ですが充分な愛情を持って正しく犬を教育できれば
使役犬を上回る素晴らしい伴侶となる
のがあなたの大事な愛犬です。
犬の行動のすべては飼い主のあなたの育て方係わり合い方にかかっています。
そのことをお忘れにならないようにお願いしています。


野放図に育ててしまえばそれなりの結果を見せるのが犬です。
がんばって育てれば必ず答えを返してくれます。
犬は何も文句を言いません。犬はあなたの鏡です。


最後にもう一つだけ・・・2009.5.19改定

私たちは仔犬たちを送り出したあと契約が完了し終了したとは思っていません。

良いことも悪いことも、お渡しした犬たちに何かあったら連絡を頂けたら産ませた者としてありがたいと思っています。悪いことの時だけだと少し淋しいですが…。

でも…連絡をいただいたからと言って何ができるわけでもありません。
良いことであれば一緒に喜びあい、頑張ってねと応援していきます。その場に行くことは早々できないと思いますが、産ませた子の能力と飼い主さんたちの努力を信じていつも応援していくでしょう。。。
でも、病気になりましたと言われたからと言ってその犬のための治療費をお支払いすることはできません。怪我をしたとか、歩けなくなったとか、助からない病気なのだと伝えられても何もしてあげることはできません。


ただ・・・
何もしてあげられないけれど、
私の知っていることや経験してきたことが送り出した犬たちのために
何か一つでも役立つことがあれば、飼い主の人が望まれるなら、
アドバイスをすることくらいならできると思います。


その犬とは暮らせないというのであれば
いつお返しいただいても構いません。
私が産ませた子ですから私の犬として暮らしていく以上、
短い命であろうと、
一生歩けなくなろうと、
一生投薬が必要であろうと、
ボケて寝たきりになってしまっていようと、
どんなことがあっても最後まで私が面倒をみる覚悟はあります。
でもそれはお返しいただき、
当方の我が仔・当方の愛犬となってからです。


今まで、子犬を渡すときに何かあったら連絡してくださいと言い続けてきましたが、これは義務ではありません。何かあったら報告しなくてはならないのではなく、知らせる意義があるとお感じになられたら、産ませた人だから教えてあげよう、知らせておいたほうが良いだろうという思いがあるときに伝えてもらえたら幸せだと思っています。犬たちの成長した姿(写真)なども同じです。義務ではありません…。



..
MAGIC WORLD | シェルティー子犬情報 | MAGIC STYLE | シェルティーワールド | 犬の勉強部屋 | 犬の病気と予防 | 犬の老後と介護
..
MAGICファミリー | ドッグスポーツ | 我家の犬たち | 虹の橋 | BOOKS | SHOP | HOME
Copyright © 1999-endress by MAGIC (Sheltie MAGIC). All rights reserved.
このHPの写真、内容、絵、素材などは無断転載、無断使用はお断りしています。必要な場合は必ずメールか掲示板にてご連絡ください。
予告なくページの内容が変わることがあります。尚このサイトには、独断と偏見によって書かれている部分も多々ありますがご了承のうえご覧ください。