危なかった…。

Facebook にシェア

今日はとっても暖かかったので、ジジババ軍団は庭で日向ぼっこしていた。今月で16歳と4か月になる最長老のミニチュアダックスのミミちゃんも庭に降りる一段目で日光浴してまどろんでいたので、親切心でミミが使っている犬用ベッドを外に持ち出して乗せてあげた。ふかふかの所のほうが良かろうと思ったのだ。

お昼時で、ついでに犬用ご飯をつくてしまおうと思ったのが仇となり、普段よりも長く庭を開け放したままで台所に入っていた。ふと嫌な感じがして庭に戻るとミミがベッドから出られずにハァハァしながらもがいている。暑くてベッドから出ようとしたけど足が引っ掛かって自力では出られなかったのだ。

まさかそんな状態になっているとは思いも寄らず…舌が赤かったので「熱中症」で死んじゃうと思い、大急ぎで部屋の中に運び、水入れの前に顔をつけさせた。ガブガブと水を飲むミミ。自力で水が飲めたことで少々ホッとしたが、体温を下げないとやばいと思って氷を持ち出して噛み砕いて食べさせた。3.4個は食べただろうか…。もっとだったかなぁ?

しばらくして息も整って落ち着いたのでほっとしたけど、ヤバかったら水につけないと駄目かと慌ててしまった。落ち着いた後、いったいどのくらいで暑くなってしまったのか同じ場所に出て時間を測ってみた。そんなに長く放っておいたつもりはなかったから…。ミミが外に出ていた時間よりも午後になってしまって少し日差しは強かったけれど、30分もじっとしていられなかった。。。

部屋の中では歩き回れていたので油断してしまったが、もう少し時間が長くなっていたら本当に危ないところだった。

足腰が弱くなった子はたとえ5センチの段差でも、何かの拍子で出られないこともある、日が当たる場所に居させるなら、必ずそばにいないと駄目だったのだと大きな教訓となった。そして蘭の様に何かあったら私を呼ぶような仔ばかりじゃないことを肝に銘じなければ…。

熱中症に気を付けましょうとたびたび人様には話していたのに、まさか自宅でこんなことになろうとは…ミミに何かあったら立ち直れないところだった。ミミはその後、夕ご飯もぺろりと平らげたので大丈夫だって思う。

写真はミミをどかした後ちゃっかりとベッドに入り込んだサンダー。まぶしいのか?爺様顔になっている。(T_T) 黒いんだから暑くなるよ…。

DSCF4334

Facebook にシェア

もうじき桜が咲きますね。。。

Facebook にシェア

ちょっと辛い事があって、数か月まともにブログは書けませんでした。もうじき桜が咲きますね。美しい季節はもう目の前まで来てしまいました。いつまでもぼんやりしていては天国に逝った愛する子たちに叱られそうです。だから・・・今日からちゃんと再会します。

1395138_536670669742806_1701777186_n

Facebook にシェア

チビッ子庭に出る!

Facebook にシェア

お天気が良く少し暖かめな日にちびっこたちを庭に出してみました。

動きが速いのでほとんどの写真がボツ。。。止まった時がシャッターチャンスなんですが、こちらの思うようには止まってくれず、こっちを見てほしくて名前を呼ぶと吹っ飛んでくるのでこれまた撮れず。。。(T_T)

初めての場所の割には平気だなぁ~。それに今回の子犬達は余り鳴かない。最初から鳴かないほうが楽だからラッキー(*^_^*)

 

DSCF3464DSCF3032DSCF3074DSCF3145DSCF3279

Facebook にシェア

2015年あけましておめでとうございます!

Facebook にシェア

2015nenga2 2015nenga12015nenga3

2015年、あけましておめでとうございます。今年も皆様よろしくお願いいたします。

元旦はいつものように大宮八幡神社にお参りをし、おみくじを引きました。今年の運勢は「吉」でしたので心して過ごしていきたいと思います(*^_^*)

今年の初のお客様は前回産まれたみかんちゃんでした。一番最後に飼い主さんが決まった子で、我が家のクゥちゃんとベガの同胎犬です。初めてのお泊りにもかかわらずとっても良い子で、みんなともすぐに打ち解けて楽しそうでした。お嫁にいてから結構長い時間が立っていたのでどうかなぁと心配でしたが、やっぱりみかんちゃんはエコーの子でした!(^^)!夕方お迎えに来られて帰りましたが、また会える日が楽しみです。一番チビッ子だったみかんちゃんはクゥちゃんよりちょっと小さ目ながら一番毛が豊かで綺麗でした。

DSCF2591_1

みかんちゃん、またおいでね!(^^)v

Facebook にシェア

仔犬たち可愛くなりました。

Facebook にシェア

予定日よりもかなり早く出産が始まって大慌ての子育てが始まってしまいました。最初に生まれた子犬達の目が開きはじめ、あとから生まれた子犬達の大きさが追いつき始めて来てようやく人心地がつき始めたところです。

エコーとカリンとマオと3頭同時出産になりそうだったけれど、マオちゃんは偽妊娠だったようで、いつ始まるのと心配して見守っていたけれど、単なるおデブさんだっただけでした。

今回はお母さんは2頭だけれど子犬は全部で5頭です。大急ぎで作った子犬部屋は5頭には広すぎるのでまた改築しなくてはなりません。

エコーの子がブルーマールの男の子2頭・ブルーマールの女の子1頭、カリンの子はブルーマールの女の子1頭・トライの男の子1頭でした。カリンの子は最後の子が死産でとっても綺麗なブルーの女の子だっただけにしばらく落ち込みました。。。前回産まれたサヴィみたいな子が産まれないかなと期待していたので…(T_T)

5頭はすくすく育っています。お母さんがいっぱいおっぱいが出るのでおなかはいつもパンパンです。

毎日ニヤニヤしながら子犬を撫ぜて、エコー・カリンと赤ちゃんたちと一緒に寝る時が今は一番幸せかなぁ~(*^_^*)

CIMG2692CIMG2704CIMG2711

Facebook にシェア

Facebook にシェア

お散歩に行くといろんな犬と出会う。いろんな相談を受けることも多い。大変だなぁと思う反面、一言二言で済むようなことはちょっとだけアドバイスするんだけど、なかなかうまく通じて行かずにかえってやきもきしてしまったり。状況が良くなるまで付き合うほど暇じゃないからスルーすることのほうが多いんだけど。。。

今日も、遠くのほうに小さな犬を発見。飼い主を引きずって我先にと突進モード。こちらの連れはプラスとサンダー。まぁ良いか、プラスの勉強にもなるからなとあえて逃げずに待ち構えてみた。

小さな犬がドドド~っと前足を宙に浮かせながら走り、飼い主が付いてこないためにリードが張ってグエッとなって停止。飼い主が追いつくと今度は引っ張っても動かず押し問答。飼い主が呆れたころにまたいきなり暴走、この繰り返しでついにわが愛犬の前に到着。黙ってその様子を見ていると犬の要求どおりに近づいてくる。。。うちのが噛む犬だったらヤバいのになと思いつつ、ぐいぐい近づき無作法に匂いを嗅ごうとする小型犬・・・。フレンドリーと言えばフレンドリーだけど、たぶんその勢いじゃ相手によっては揉め事になるか近づく前に吠えられるか、さっさと逃げられるかだよなと観察。

ぐいぐい来る犬に対して「どうすればいい?」と私を見上げるサンダー、「なんだこいつは!!!」と毛が逆立つプラス。

「じっとね」と言葉をかけてうちの犬には相手につられないようにしてもらう。さすがにプラスは尻尾が上がる。ここが我慢なんだよ、サンダーを見習ってくれと思いながら相手の状態に一言。

「あのね、犬のリード緩めてあげてください、そうじゃないと正しく挨拶できないですよ」

「あ…緩めればいいんですね!」

言葉とは裏腹にリードを手にまきつけた。。。張ってるリードが短くなって犬が動けないので危険な状況に…(T_T)

あ・・・通じないんだ…。こりゃ、退散しましょう…。

にこやかに?いやちょっとひきつった笑顔で「また今度ね」と言い捨ててそそくさと狂喜乱舞する小型犬を無視して通り過ぎた。不親切だったかなと思ったけれど、毎回毎回見知らぬ人に頼まれてもいないのに注意して教えていたら変な人だと思われかねないし、いちゃもんつけられたと思われたら嫌だしな、気が小っちゃい(?)私は身が持たない。。。これって長い年月かかって学習したわたしの結論だ。

サモエドみたいな尻尾を下げさせた後、我慢したプラスを大いに褒めて良い気持ちにさせて家路につく。散歩のチームを変えて小型犬組でもう一回り。

あ・・・まだいた。今度は姿を見ただけでギャンギャン吠えてくる。小型犬が苦手なのか?せっかくの散歩なのに結局抱き上げてそのまま歩いていくけれど、抱っこしているのに別の遠くを歩く犬を見てはまた鳴いていた。

さっきは犬も有効モードだったから飼い主さんはそれなりに嬉しかったんだろうな、この犬たちならお友達になれそうって思ったんだろうな、なんか付き合ってあげなくて悪かったかなって思ってしまった。犬には有効な経験が必要だ。正しく犬同士のあいさつをする経験が繰り返されれば自ずの態度にも変化が起きる。飼い主自身も間違った近寄り方などを治せれば格段と状況は良くなる。それには協力者が必要だ。

 

 

困ったなと思う行動をする犬であっても飼い主にとっては可愛い愛犬のはずだ。そして本当は困ったことをしない良い子であったならもっともっと可愛くて誇らしい。

家庭犬(通常、人に変われるほとんどの犬たち)に求められていることは愛らしい存在であることは当たり前だけれど、まずは飼い主自身が連れ歩くことで恥ずかしくなってしまったり、謝らなくてはならなかったり、犬自身を叱らなくてはならない状況にならないことではないかって思う。パーフェクトにはほど遠くても胸を張って一緒に歩ける犬であることは最高の飼い主へのご褒美だろう。

良い家庭犬にしたいと誰もが願っているのだろうに、成犬になるまでの大切な時間はすぐに過ぎてしまう。その短い時間に犬に教えるべき大切なことはそんなに多くはない。多いのは飼い主が犬とはどんな動物であるのか、どんな解釈をする生き物なのか、自分の愛犬はどんな性格でどんな性質を持っているのか、どんなアプローチが有効なのかを学ぶことのほうだろうと思う。

これを正しく伝えられるのは本当はブリーダーしかいないだろうと思う。生れ落ちて飼い主になる人に渡すまでのおおよそ2か月から3か月の間手塩にかけて育てたブリーダーなら子犬1頭1頭の違いとその子犬に対する有効は手段を必ず知っているのだから。

もっとも今の日本ではブリーダーを名乗っていても生まれてきた子犬がどんな子犬だったのかをすべて覚えている人は本当に少ない。そして飼い主もブリーダーは産ませただけの人と言う解釈だったり、愛犬が生まれ・育てれられたところを知らずに飼育することのほうが圧倒的に多い。難しいなと思う。

でも道は閉ざされてはいない。犬は良き理解者のもとでなら十分良い犬に育つ。飼い主が犬にとって良き理解者になることを望み、そうなるための練習を繰り返し実行していければ犬は必ず答えてくれる。飼い犬に何を求めて育てるかは飼い主次第だ。子供は親の鏡と言われることと同じく、飼い犬もまた飼い主の鏡なのだから。

※ 写真は本日の息子と4頭(ピーター・ロック・右京・マルス)チーム散歩と遭遇したので載せてみました(^^ゞ

スマホなのでブレブレです。

IMG_20141105_162913 IMG_20141105_163034

Facebook にシェア