<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009/03/06 Fri

Category: Dog of My Life

考えてほしいこと

犬を飼う事はかなり自己満足的なことになってしまうことが多いものです。
本来は社会に認められる愛犬でなくてはならないはずなのに、周りに迷惑をかけながら飼い主が何かと理由をつけて正当化してしまっていることが多い気がします。
犬を飼う人の中にはいろんな考え方がありますが(*^。^*)犬を飼うなら考えて欲しいことなんです。
犬を飼う事でお散歩し、犬を通じて話す人が増えお友達ができることを望む人も多いでしょう。
これってとってもいいことです。でも本題を忘れていませんか?
お友達作りの道具として犬を飼ったのですか?ちょっと振り返ってみてください(笑)

犬のことをちゃんと見ていますか?
回りに迷惑をかけていませんか?

当たり前だと思ってやっていることが犬を飼わない人だけでなく、飼っている人からも迷惑よねと思われていることって多いのです。



  • 犬友達が大勢集まって狭い道を占領してたら(>_<)

  • 長いリードでお散歩、人が来ても短くしない(>_<)

  • 公園でブラッシング(>_<)

  • お散歩は排泄のため(>_<)

  • ドッグランでも飼い主さんは井戸端会議(~_~;)

  • ほかの犬にちょっかいをだす(>_<)

  • 飼い主とボール等で遊んでいる子に乱入していく(>_<)

  • 誰でも彼でも乗っかろうとする(>_<)

  • 人を見れば勝手にご挨拶(~_~;)

  • 自分の犬が捕まえられない(>_<)



たくさんあるものですよね。。。


散歩等は時間をずらせば困った人たちには会わずにすみますが、特に最近はドッグランに行くと、本当に認識の違いを感じさせられます。
【自分の犬が制御できないからなのに、ボールやフリスビーを使って遊ぶのはトラブルが起きるもとだ】というところもあるようでそれ自体を禁止しているところもあるようです。


ドッグランという場所はしつけもされていない犬を放してもいいところではなくて、しつけをされた犬が飼い主と放して遊べる場所ではないのでしょうか?
本来自分の犬が制御できればほかの犬が遊ぶところ(知らない相手)に乱入させないでいられるのに、犬だから本能で仕方がないんだ位に考えられているのかと思うと、ドッグランの存在自体が意味のないものになってしまう気がしているのは私だけなのでしょうか?


犬だからって可笑しい話だと思っています。
だってこれが人間の子供だったら、隣で遊ぶ知らない家族のところに一人で勝手に行って遊んでくることと同じですよね。
楽しそうなおもちゃを使っているからそれがいけないんだっていう風に言われたら、どう思いますか?


子供の親なら、知らない人に勝手について行っちゃいけないとか、大人に向かって生意気な口を利いてはいけないとか、自分より弱い子を子をいじめちゃいけないとかちゃんとしつけるでしょう。
もし一緒に遊ばせるなら『いいですか?』と許可を取るのが普通ですよね?
そうしないほうが悪いのに、犬のときは逆だなんて(苦笑)道具を使って遊んでいるほうが悪いなんて可笑しいと思います。


犬だから本気の噛み合いをしても『仕方がない』なんて思わないで欲しいんです。
多少の威嚇行動だけなら別ですが。。。
飼い主が一緒にいながら制止を聞かなかった場合には牙があるんですから。。。
グーの根も出ないくらい叱るべきだし、やられたほうも相手が犬を叱らないようなら納得が行かなければ騒ぐべきなんです。。。

子供だって、物を持ってけんかしたら親は叱らなくてはならないのと同じです。
でもこうした行為であっても、子供と同じでどうしてそうなったかは考えてあげる必要があります。

【睨んでくる】
【吠えられた】
【しつこく付きまとわれた】
【勝手に体に手をかけた】
【尻尾を立てて挑発してきた】
【自分の家族にちょっかいを出した】
【大事なものをとられそうになった】


犬が喧嘩をするときには必ず理由があります。
うちの子は何もしていないのにやられたと言う場合には上記のように犬同士が触れ合わなくても威嚇行動を起こされている場合が多いものです。
しつけられた犬が攻撃行動を起こすときには、相手の犬に問題があることが多いのです。
自分の犬が弱ければ怪我をさせられる側になり、強ければ怪我をさせる側になるのことです。


勿論飼い主が言葉でその行動を止められることが何よりですが多くの場合そこまでしつけられた犬にはお目にかかれません。
たとえ喧嘩になってどちらかが怪我をしても冷静な状況判断ができれば大きな問題にはなりません。
怪我をさせてしまったことだけはいくら自分のほうが正しくても謝らなくてはなりませんが・・・犬を見ていないと状況判断ができないからもめるのです。


だからどうか犬を放して遊ぶときには目は放さないでください。
犬はいつでも子供と同じです・・・・

もし思いあたることがあったらどうか直す努力をしてみてください。
がんじがらめは好きじゃありませんが、上に書いたようなことを直していけたらもっともっと楽しめる道は開けるでしょう。

飼い主同士も気持ちよく付き合えると思います。


まじめに一生懸命やってるものが馬鹿を見ることはたくさんあります。
でもめげずに実践して行けば少しづつ変わって行くのです。


犬を飼うこと、お散歩すること、お友達を増やすことで、伝えていけることを多くの知らない人に伝えられたらもっともっと犬にとっての環境がよくなるのですから。。
1/1