<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009/04/04 Sat

拾ったら飼い主!?

先日、傷ついた野鳥を保護しました。ネコにかまれてしまっていて助かる見込みは少なく、結果は残念な形になってしまいました。日本古来の野鳥なら保護し怪我の治療が済めば放鳥が可能です。でも、野生の生き物といっても日本古来でないものもたくさんいます。

日本の在来種でないものは生態系を崩してしまうのでリリースはしてはいけないのです。

今では当たり前にみられるアメリカザリガニやブラックバス・うしがえる・カダヤシなどは輸入されてきた生き物で、生態系にあってしまうと日本古来のものが絶滅しかねません。こうしたことについても動物愛護法でかなり厳重に決めごとが決まりました。

人が係わる生き物の中には野生のものではなく人の庇護のもとにしか本来は生育できないものがいます。それがペットにされてきた犬や猫たちです。無責任な人間の代償として今でも多くの捨て犬や捨て猫が存在しますが、幼い個体や傷ついた個体を見かけたら見捨てておけない人も多いでしょう。

我が家もどちらかと言ったらその口だと思います。

でも安易に保護できるのかと言ったら実は大変なことに手を出そうとしているのだということを知っておかなければなりません。

飼い主の存在しない生き物は、いわば所有権が放棄されたものです。つまりどこかの誰かが捨てたであろう犬や猫は所有権はありません。ところがこうした生き物は抱き上げた瞬間にその所有権が発生すると決められているのです。

つまり捨て猫を抱き上げてしまったら、その猫の飼い主とされてしまい、飼えないわと手を放すと、放棄したとみなされるわけです。犬も同じです。

迷子になっていたり、怪我をしていたり、明らかに捨てられている子を保護しようと思うとか、保護したけれどこの後どうしたら良いかという相談をよく受けますが、生涯面倒をみる気でなかったら保護しないほうが良いと答えています。

でも・・・実際問題、傷ついていたり、そのままだったら死んでしまうような幼さだったり、年寄りだったりしたら、抱き上げてしまいかねません。私自身も何度もそんなことがありました。

捨て猫は数回保護しましたが、一度だけレスキュー施設に託した以外は覚悟して飼い主になりました。猫たちはそれぞれの寿命をまっとうし、一番長い子は23歳でした。5歳で亡くなった子は大病を患い、高額な治療費がかかりました。どの子も去勢手術をしましたし、野放しにせずに飼い続けました。

迷子の文鳥もセキセイインコも13年の生涯を送りました。

野鳥の多くは怪我が治ったり大人になると放鳥したものか、助けられずに亡くなったものもいました。

幸か不幸か犬たちは迷子にしか巡り合わず、すべて飼い主が見つかったので道端にいて我が家の子になった子はいません。でも、飼えなくなったと言われたので引き取ったり、虐待されて連れ戻した子もいます。

ペットショップで買ってしまった子は、そこにそのままだったらきっと死んでしまうだろうという劣悪な環境で耐えられずに連れ帰った愛ちゃんです。業者に引き渡すといわれて我が家の子に迎え入れてしまった子もいます。売り物にならないといわれて行く先の中った子もいます。

犬でも猫でも鳥でも…みんな命の重さは一緒です。でも飼育する気持ちがないのに感情だけで保護してもだれかが尻拭いしてくれるわけじゃないのです。なんとかしたいと思ったら自分で飼ってあげるしかないのだと思っていたほうが無難です。

その子がどんな子でも、どんな運命であっても…飼うという行動はとても重たい行動なのですね…。

2009/03/11 Wed

ワクチンアレルギー

我が家でも二回目の混合ワクチンの予防接種で、顔面がはれ上がるアレルギーが起きたダックスがいました。
その時は初めての経験だったわけで、そりゃもう驚いたの何の…。見る見るうちに可愛い顔がシャーペイのようになっちゃうわけで、このまま死んじゃうのかと大慌てしたものです。

幸い獣医さんと連絡が取れてすぐにステロイドを打ってもらい大事には至らなかったけど、その時から子犬の予防接種は必ず午前中に済ませるようにしています。それは万が一にもこんな症状が起きたときに対応してもらえる可能性を考えるからです。。。

もし午後に接種に連れて行ったとしたら、たいてい反応が家に帰ってきた数時間後で起きるので、多くの獣医さんが午後は4時くらいから診察を受けている関係上、問題が起きたときにはすでに連絡がつかないということもあり得ます。

我が家の時も午後に接種し、夕飯の支度をしているころに変化が現れました。たまたま連絡が取れてみていただけたからよかったようなものの、連絡が取れないとしたら24時間診療の獣医さんのようにかかりつけではないところに行かなければなりません。

獣医さんにもいろいろレベルがありますから、言葉の話せない犬にとって飼い主からしたらいつも見てくださる先生にすがりたいものです。少しでも愛犬のことを知っていてくれる先生に!!と思うわけです。

獣医さんも人間ですからすべての先生方がいつでも連絡が取れるようにしておいてくださるわけではありません。心ある獣医さんは重傷患者の場合には緊急連絡先などを教えてくださる場合もありますが、こういう場合でもよほどのお付き合いの深さがなければ医療従事者であっても難しいところです。

備えあれば憂いなしのことわざのように、前もって飼い主側が備えていれば問題が少なくなることはたくさんあります。で…予防注射は午前中に!が我が家では鉄則になりました(*^_^*)

さてこうしたアレルギー反応が起きてしまった子はその後のワクチンをどうするかが問題になります。我が家の子はレプトスピラの入った注射だったせいかもという疑いはありましたが、もう試すわけにもいきません。他の5種への反応でないという証拠もありません。

確実な抗体が上がってからのアレルギー反応であれば、心配は少ないし抗体検査で良いのですが幼い子犬ではそうはいきません。いろんなところに一緒に行きたいと思う子であればなおさらです。

そこで我が家の場合にはワクチンのことをいろいろ調べて、獣医さんとも相談の上、生ワクチンをやめて不活化のものを取り寄せてもらいそれを打つようにしました。またレプトスピラが入ったものはやめました。効果があまりないように思えたことと、感染しないように飼い主側で気をつけることができる病気だと認識したからです。

不活化のワクチンは生ワクチンと違って抗体が上がるのが遅かったり、長続きしないものだそうです。しかし犬の体には負担が少ないものだということでそれを選択しました。

ワクチンのアレルギーが出た子の場合、不活化もダメな子もいるそうなので親からもらった免疫だけが頼りの子もいるのかもしれません。
ワクチンアレルギーは混合ワクチンのみで起きるわけではなく狂犬病の予防注射で起きることもあります。

仔犬で最初のうちのもので起きることばかりではなく、数年間打ち続けていたのに突然起きることもあるようです。
多くの予防注射が生ワクチンに変わり、さまざまな種類が入った物が使われるようになった最近では反応が大きく出てしまう子もいるそうなので、我が家は今でも5種のみで対応しています。

犬が集まるいろんなところに連れて行きますが、5種で十分問題はなく、ワクチンで防げる病気といわれる感染症にかかったことはありません。また今のところ仔犬には最初の2回続けての接種後、一年後に打つという方法で何ら問題は起きていません。

仔犬のうちの1年間に3回とか4回とか打つというやり方もあるようですが、我が家はいまだに2回のままです。その代り仔犬のときだけは獣医さんの言われる間隔で必ず接種しています。

アレルギーは怖いので、午前中接種でその日一日はあまり騒がせずにのんびりとした一日を送るようにしています。

2009/03/06 Fri

誘惑に勝たせる

犬をしつけていく時にある程度までは教えられた感があってもここぞと信頼できるのかといったらなかなか「うちの子は大丈夫!」と胸を張れないものです。
それは犬のリードが離れた状態で教えていることがパーフェクトにできるかどうかの見極めに不安が残るからにほかなりません。

多くの誘惑をかけてみて、それにも打ち勝てる行動が伴う犬に育て上げられたらそんな不安はないはずですが、実際には誘惑をかける段階にまで到達しないことの方が多いようです。
特にシェルティーは繊細な子が多いので誘惑をかけてそれに勝たせるようにもっていくまでに時間がかかります。


我が家ができる犬と評価するものは、誘惑に勝てるまでに至ったものを指しています。
繁殖犬たちの中には見事なまでに誘惑に打ち勝つ状況を保つ犬を作られる方もいて、丁寧に教えられる人ならこうした状況も克服できるのだなぁと飼い主さんの愛情の深さに感動します。


犬に教える行動はさまざまありますが、たとえば「座れ」という簡単な動作一つにしても、飼い主が離れてもその場で維持できるかとか、歩きながら指示が出されてもその場で従えるのかとか、遠く離れた場所から指示されても従うかとか、訓練としてとらえれば科目にもなっているようなものとして数多く確定させる同じ行動があります。


誘惑に勝つという部分においてはこうした複雑にされたものでも最初の「座れ」の指示の理解がある中に目の前を動くものがあっても追いかけたいという本能を抑えられる理性の部分の強化ができたかというものです。

動くものに限らず食べ物を持って誘う人が来ても、犬がそばを通ってもにおいをかぎに来ても、猫が目の前を横切っても、ボールが投げられても、DISCで誘われても、よく知っている人に呼ばれても、最終的には一緒に暮らす家族に呼ばれても飼い主から出された指示による行動が継続できるということを指しています。


そこまでしなくちゃならないわけではなく、そこまで教えきれたら信頼に値する犬になるというだけです。
そして実はできないことではないということです。
通常訓練で言われるようにコマンドが最低二回で瞬時に動けるようになっていればほとんどの危険は回避できるものです。

でもそこに誘惑に負けてしまうのならこの限りではありません。


実際に起きた不幸な事例ですが、訓練犬としてかなり高度なことまでできるようになった犬の話です。
ある日大通りを散歩中に信号で座らせて待たせていたそうです。

飼い主はいつものことなので別段手から離れることのないようにとリードをしっかり持っていなかったらしいです。
いつものようにごくふつうに持っていたと。

もう少ししたら信号が変わるという時に向かい側に知り合いだか家族だか忘れましたが犬の姿を見つけて呼んだ人がいました。
犬は…車道に飛び出して…
リードが離れなければこんなことにはならなかったかもしれない。

最初はそう思いました。でも…


飼い主さんの慟哭は今も忘れることができません。
あんなにいい子だったのにという思いも捨てられません。
一緒にいっぱい泣きました。

自分を責める飼い主さんに言葉の掛けようもなかったのを思い出します。
自分ができることはこうしたアクシデントを避けるには犬に何を教えることが大切なのか見つけることでした。

人は間違いを犯すし、意図的にアクシデントを呼び込もうとするものではないのですから。


呼ばれても待っていてくれさえしたら…その願いはあの子には届かないけれど、今生きている子には教えられるはずだと思います。

我が家の愛ちゃんのケースも同じことです。同じ間違いを繰り返さないために・・・。


誘惑に勝たせる練習ができる時期は、飼い主から出される指示を「やらなければならないこと」ととらえさせずに「これだね」とすぐに反応でき、「次は何をするの?」という期待感があるくらいに楽しくできるようにしてからのずっと先の話です。

犬は単純な生き物でとても正直です。
だからどんな作業にしても人が遊びだととらえられないような仕事でも、犬が楽しみととらえればほとんどは途中で放棄するようなことはないのです。

逆に人が遊んでいるのにと思うような作業であっても犬にとって遊びにならない作業(押し付けられてやらされている作業か、やらなければならない義務のような作業)では放棄、若しくはしぶしぶと行動する等の明らかは反応の違いを見せるものです。


どんな行動を教えるにしても、犬は幼い子供と同じ知能程度なので原則は犬自身が楽しんで受け入れられる状態しかないと思います。

この状態にもちこめてあれば誘惑をかけていく時に飼い主自身が「すごい!」と思うように簡単に誘惑に勝つ子もいます。

誘惑をかけること自体がゲームになっているかのようです。


犬に形や行動を教えていった最後に誘惑に勝たせられるようなものを付属できたら犬という生き物への信頼度も一回りもふた回りも増していけるだろうと思います。

そしてめったには起きないであろう恐ろしいアクシデントを避けられる一つの方法になるでしょう。

2009/03/06 Fri

犬の馴致

仔犬を人間と暮らすために関わっていく多くのものへ馴らしていくことを馴致と言います。
人間にとって素晴らしいパートナーへ犬を変化させるために一番大切な部分で、しかも一番手間のかかる難しい部分です。
馴致が成功すれば犬育ての8割方は成功したといってもよいと思います。


昔の日本の犬の飼育方法だったら難しいことはなかったかもしれません。
犬たちは縛られることなく自由気ままに自分の家を認識し飼い主を認識しテリトリー内で自分なりの生活をすることができていたからです。


しかし現在は犬は飼われている家庭内から一歩外へ出ればリード等で拘束しておくことが条件とされ、自由気ままに歩くこともできません。
仔犬は親犬に十分教育されて育ったものではなくなり、ごく幼い時期に隔離され自分が犬であるのか人であるのかの区別もつかないまま十分な犬としての基本的な学習もつかずに飼い主のもとへやってくるようになってしまいました。


飼い主の側も多くの情報の氾濫と飼育マニュアル化の波に翻弄され、工夫することなく書いてある物どおりに行動すれば犬は教育できるのだと錯覚するようになってしまったのではないかと思います。


馴致は本来自然体で行われるもので、こうしなければならないというものではなく飼い主の手元に来た犬が慣れていけないものを克服させるために飼い主がこの犬の場合は苦手なものがこれならば、こうしたらいいかなと工夫しながら伝えていくものです。


つまり馴致にはハウツーはないのです。
犬種による特性に違いがあるので教えることは違うでしょうし個体によっても違いは大きいです。
たとえばゴールデンのように人が大好きな犬種であっても人が苦手の子もいます。
吠えないと言われているバセンジーでも吠えたてる子もいます。


馴致に必要な飼い主の感性は犬種の特性であることを越えるところにあると思います。
個体認識を第一と考えて犬種特性は後から考えたほうがうまく行きます。


音に鋭敏な反応を起こす犬はほかの犬よりも音を拾う範囲が広いでしょう。
匂いを嗅ぎたがる犬は普通の犬よりも多くのにおいを判別できるかもしれません。

つまりそのまま発展させてしまえば問題行動につながる部分を逆の発想に変えて個性と見ればその能力を開花させることができるかもしれません。

犬が起こす行動をすべて良くない行動ととらえずによいものへ変化させられるチャンスを見つけたと解釈できる余裕をもって人と共に生活していく中に支障が出ないように犬に理解できる様に反応を見ながら多くのものに良いタイミングで接触させ馴らしてあげましょう。

2009/03/06 Fri

環境と条件

犬を育てる時に重要になるのが環境です。都会で育つ犬でも多くの環境条件が異なり、地方で育つ場合も同じくです。
仔犬の時代にいかに馴致をうまくやるかは育てる必須条件の一つですが、環境だけはそう簡単に変えられるものではありません。


我が家の場合をいえば、住宅密集地でありながら角地に立つ環境で家の前面と右側は道路に面しています。
隣接している家は裏と左隣のみです。
道路を隔てればすぐに家があります。
道路に面した部分は庭と駐車場になっているので犬たちが外に出れば道路を通る人や車の物音がすぐに聞こえてしまいます。

学校がそばにあるので朝と夕方は学生がわいわいと通る通学路に面し、甲州街道から浜田山(井の頭通り)への抜け道なので車も意外に多く通ります。

家から2分とかからないところに大きな公園があり自然の中での散歩は優雅にできる環境です。
公園を抜けると川沿いの遊歩道に降りることができ、ここは多くの飼い犬たちが散歩コースとして愛用しています。
川沿いの道を抜けて交通量の多い街道を横切ればまた最初の公園よりも大きな公園にたどりつきます。

ここは最初から犬をリードをつなげてあれば入園可能とされて作られた公園なので、近くの公園とは違い多くの犬たちが飼い主とともに散策に来ています。この公園を抜けると井の頭線にぶつかり商店街へ抜けるためにはどこを通っても踏切を渡る必要性があります。
踏切を越えればいきなり商店街です。
店も多く人通りも多いにぎやかな場所です。
それを過ぎると井の頭通り、左に向かえば環状8号線です。
逆コースからは甲州街道と大きな車がスピードを上げて通る道路にもすぐに出ていける環境なわけです。


こうした場所を徐々に抱っこしながらお散歩していき馴らしていける場合と、静かな環境の中でしか歩けないとか、逆にいきなり大通り等に面していて静かな場所から始められないなど馴致に使える環境は大きく違います。

仔犬の時代に抱っこのお散歩が大切ですと伝えてあっても、人通りのない静かな環境しか歩いていない犬や最初からドキドキしたまま地面に降りられる時期が来てしまった犬と、少し筒経験させながら上記の環境を使うことができた犬では予防注射が終わって道路におろしてからの状況が同じなはずはありません。

シャイさがあっても克服した方がよいものを多く伝えられた犬と伝えられていない犬とでは表現も異なります。
仕事を持たれている人の場合にはなおさら夜しか行けなかったりするでしょうし、犬の馴致にかける時間は同じでも環境から学ぶものが違いすぎるのは事実です。
少ない時間の中で馴致と銘打って犬に無理をかけたやり方をすればシャイさが出ていなかった犬でさえどんどんシャイになってしまうことも否めません。


環境が整えられないのは仕方がないのことなので使える時間の中で無理をしない環境を整えることがまず第一だと思います。
我が家では上記の環境がありながら使うことができない状況のことが多いです。
数頭の犬との暮らしではない部分が条件を異ならせます。
ではその時に環境を使わずにどうするかでしょう。


夏のように気象条件が問題になってしまう時期以外はできるだけ人が伴って庭先でいろんな音がしても問題が起きないことを学習させます。

学習させるといってもやっていることは単純で洗濯物を干すために庭先に出ておいでと子犬を呼び出し、音に反応しない犬も一緒につれてでます。
いなければ子犬だけでも構いません。
私はやらなければならない作業を淡々とこなしながら子犬の様子を観察します。
怖がってしまう子は隠れられるような場所に避難するし、気にしていない子はそれなりに遊び始めます。
毎日同じことを繰り返しているうちに庭という環境に慣れ、聞きなれない音だけに反応しても通常聞いたことのある音には反応しなくなってきます。

仔犬の起こす反応が吠えることであった場合のみに吠えたことはたしなめますがそれ以外は自由にしておきます。
玉に呼び掛けてそばにくるように仕向けたり、休憩と称しておやつを食べたりするときに子犬にフードを少し与えたりちょっとしたピクニックを狭い庭で行います。

車がない時には駐車場も開放し遊ばせていきますが、シャッターがトラックの振動等で音が出ても慣れてしまうのです。


2カ月の時には怖がった子も、3カ月にはそんなそぶりは見えなくなります。


車で近くまでしか行かないような場合と子犬を同行して問題ない場合の時は常に一緒に載せて歩きます。
連れ合いの駅までのお迎えや息子を目的地まで送る時や、ちょっとした買い物で子犬を車に残さないで済むようなタイミングを使ってです。

仔犬を連れて車に乗る時に私は抱っこ袋のようなものに子犬を入れて抱いた状態で最初のうちは載せていきます。
仔犬が慣れて抱かれていなくても問題が無くなるまで繰り返していきます。

車に乗ることが苦にならなくなったら後ろの座席から前に来てはいけないことを教え(協力者がいないと難しい)ドライブが好きな子に仕立て上げていきます。


庭はあっても天気が悪ければ使えません。
夏のように気温が高い時や蚊等があまりに多い時期も使えません。
こういうときは涼しくて犬を連れていけて人がいっぱいいるような場所が馴致には最適なので、JマートやSVなどを利用します。

買い物に行くならこっちへ行こうと行く先を通常の場所から変えて連れだせるように配慮するわけです。

こういう場所を利用するときに私はほかの人に子犬を接触させずに行動します。
話しかけられたらもちろん話はしますがあえて子犬を触られないように気をつけています。
ほかの犬に対して吠えられたり吠えてしまった場合にはなだめたりたしなめることはしますが叱りつけることはしません。

ママがいるから大丈夫よと理解させたいのでそれに沿う行動を起こします。仔犬の起こす行動に合わせるのでやり方はさまざまです。
通常ならそんなにかからずに終わる買い物を子犬のためにピクニック気分でぶらぶらと歩き回りできるだけ長く使う工夫をしています。

いくら連れて行ってもすぐにその環境から抜け出てしまっては子犬が理解するには不都合だろうと感じているからです。

エアコンも効いて涼しいしゆっくりのんびり抱っこのお散歩をするわけです。これなら休日しか使えなくても誰にでもできるだろうにと思います。


犬用のカートに載せたり、ほかの人に触ってもらったりするのはずっと先の話で、抱っこの散歩を環境を変えて私の場合には犬同伴OKのJマートでしてみるのです。
通り過ぎる人も、カートに乗った犬も、吠えかかって来る犬も、ママに抱かれている限り自分には問題が起きないんだなと犬が理解出来たあとは徐々に話しかけてくれた人と連れている子犬の状態を見比べて大丈夫だと判断で来て初めて触ってもらうわけです。

シャイな犬になってしまうのはこの工程を簡略化した場合に起こると感じています。
馴らすために無理にほかの人間との接触を強要したり、場所をいろいろ変えてしまったり、飼い主を頼れない状況にしてしまったりすれば、何もかもが怖いシャイな子になるのは当然です。


実際に行動してみればたったひと月くらいの時間なのに、同じ兄弟姉妹であっても、我が家で育てる仔犬と3カ月の時点で既に差ができてくるのは環境の利用の違いだけだろうなと感じています。

最初は小さな差であっても、月日が過ぎていけば大きな差になってしまいます。


環境は作れなくても条件は飼い主が整えることができます。
生まれおちた時からずっとそばにいて体温からにおいから安心できる人間なのだという解釈のある私たちの方が新しく飼い主になった人よりもずっと有利に決まっています。
不利な部分があるのだと知った上で、子犬に無理をかけないで怖がらせない育て方は飼い主にしかできない重要な部分です。

最初の手間を惜しまなかったものがおおらかな犬を作るといっても過言ではないと思っています。
1/4 >>