<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009/05/29 Fri

カフェイン中毒と犬

人間が飲むサプリメントとしてカフェインがある。実は犬にとってこのカフェインは有害なのだ。

人間はお目目ぱっちりになるありがたい成分であり、過剰にとれば痩せたりもする優れものってことで嗜好飲料としても大いに役立てているけれど。。。とりあえず薬剤の一種ですねん。コーヒーに多く含まれているものだからあんまり心配する人は少ないのかもしれない。ものによっては大量にカフェインが含まれているものもあるのでこういうものを犬の手が届かない場所に保管するのは飼い主の務めだろう。

犬たちは食べたら死んじゃうとは知る由もないわけで、人間が食べているものなら食べられると思ってしまう。お目付け役がいないときはチャンスとばかりに盗み食いを決行するわけだ。どんなに優れた訓練を受けていたって魔が差すことはある。

体に害のないものを食べるなら大いに叱られてそれでおしまいだが、命にかかわるものを食べてしまったとしたら…

犬に有害なものはたくさんある…。命をおとしてしまうようなものもある。カフェインのような物の場合、気道を痛める可能性さえなければ即刻吐かせるのが通常だ。大量に食べても病院に連れて行って適切な処置をとってもらえば多くは助かるものだ。

ただし・・・大量に摂取してしまった時は吐いただけでは吸収のほうが早くて死に至ることだってある。自力で吐いたのだから家で様子を見ておこうというのは一番危険なパターンだ。
・・・時間の経過を待ってしまってはいけないパターンがカフェインの大量摂取だ。

カフェインのように食べた後すぐに体が吸収してしまうような物の場合には時間が犬の命を救うための勝負がかかっている。とりあえず様子を見ておきましょうと悠長なことを言っていたら取り返しのつかないことになる。カフェインには解毒剤がない。吸収されてしまったら成分が体から抜けるまで点滴を入れながら待つしか手段はない。

致死量と言われる分量を接種して、すぐに吐かせないで体が吸収すれば待っているものは死しかない。

食べてはいけないものを食べてしまうことは犬にも人間の子供にもあることだと思う。親や飼育に関わる人間はそのことに十分注意しなければならないけれど、すべてを回避できるはずもない。

でもその時に、その状況についてどうするのが得策であるか知っておけば命は助けられることが多いものだ。食い意地が張っているのが悪いのよと冷たく見過ごさずに、もしもカフェインを大量に摂取してしまうようなことがあったら迅速に獣医に連れて行き適切な処置をとってもらいぜひ命を助けてあげて欲しいと願っている。時間さえ間に合えばほとんどの犬は助かる。

元気になったら同じことをしようとした時、大いに叱り飛ばせばいいのだし、その前に犬が食べたら困るものは手の届かない所に置くべきなのだから。。。
1/1